若槻商店の日記

つくる事 前置き③

      2015/12/29

やっと自分の主戦場の話です、製造についてですね。



製造の流れをザックリ説明しますとこんな感じです。

(0、企画の段取り<お客さんと打ち合わせ>もしくは自分との戦い)

1、素材を買ったりもしくは作る(仕入れ)

2、型紙を起こす(パターンを引く)

<2、5量産時は刃型を作る(刃型は外注に出す)>

3、裁断<量産工場に発注>

4、加工

5、縫製

6、仕上げ検品

7、場合によって後加工

8、納品

 

*<>はOEMの場合



その中でも僕の一番の腕の発揮しどころは、
パターンから縫製までです。

ちょっと前までは作れるのに若いって言うだけで重宝されてた部分があったんですが、今回は割愛させていただいて。

本当はCADでやりたいんですが、それもまた今度。


このパターンを引くってところ。

単純なようで実に奥が深くてセンスを問われる作業なんですよ。

うちは昭和なアトリエなので未だにアナログ作業で線書いてるんです。しょぼいですよ。でもそれでもなんとか利益は出せてるので、時間作ってデジタル作業は勉強したいと思っています。その時はここでも何かと報告していくつもりですので僕と一緒に覚えていきましょ〜。ぜひ。
できる人から言わせると簡単なようなのでね。
そりゃ出来てんだから簡単に決まってるよね。

っと、、、パターンを引くところに話を戻しますと、



なんせまるっきりゼロからの作業ですからね。
丸と四角、直線と曲線の組み合わせでしかないのですが、出来上がりを想像しながらやる作業なので、経験に基づく正確さと、想像力が試される訳ですね。

そりゃ、一回やって違ったら修正してもう一回やってみてって時間かけて繰り返しやれば絶対理想のところに誰でも落とし込めます。

それがCADが扱えればコピペで何度でも試してはやり直しができるので、アナログ作業でやってるもどかしさが無い分、確実に仕事になるでしょう。

でも僕は現状CADでパターンが弾けないので、
今まで覚えた通りに、真ん中に中心の線を引いて円書いて、目打ちで距離とって定規とカッターでチケン紙を切るしか無いのですが〜!ダサー。
いや、でもそれで戦えてきてるんだから逆に凄いんだね僕は。えっへん。ゴホッ

うーん。悔しくなってきたので早めに覚えたいですねこりゃ。

はい、また明日。

カテゴリー

 - 5m