若槻商店の日記

#1ガトリングバッグ 表は背ワニ(クロコダイル)

      2015/12/29

僕らは、これを『背ワニ』って呼んでいます。

世の中の製品になってるクロコダイルレザーってもっとこう、四角い柄が繋がっているフラットなイメージありますよね?

それは、腹なんですね。ワニが地面にこすりつけている方です。通称『腹ワニ』です。

革として普通に加工できるところです、切ったり縫ったりね。

一方、ガトリングバッグで使ったのは、『背ワニ』の方。

しかもクラストレザーって言ってまだ最後のオイル入れたり、柔らかくしたりっていう

加工をほどこしてない真っ白に漂白された状態のもの。

何ってめちゃめちゃ硬いんです。

切れないし、縫えない。マジです。

あのゴツゴツしている部分、石みたいに硬いんです。(実際、石みたいなの入ってます)

IMG_3209

これね↑

背中側リアルですよね。

 

今回の規格外のオーダーはこのクロコダイルレザーを4匹分使います。
(ちなみに正規のルートでしかるべきところからの仕入れですので、ご安心を。)

IMG_3206

 

 

デザイン画見ながら、どのパーツをどこに入れるか入念に検討します。

替えが効かない、一点もの素材ばかりですのでとにかく慎重に進めます。

IMG_3207

さっき切れないって言ったじゃないですか、どうするってなったんですよ、裁断。

前に進めなくて困ってたんです。

でもね、ピンときたんですよ、ノミです。ノミ。

木工が趣味でよかったです。

レザーの裁断としてはありえないですが、

何をやっても歯が立たない(刃が断たない?笑)背ワニと真剣に向き合った結果、ノミが一番だと。

トントンカンカン、トントンカンカンレザーのアトリエとは思えない大きい音で、

何枚もノミでひとつひとつ裁断しました。

 

 

 

さて、そんな裁断が終わって綺麗に胴が入りました。

IMG_4264

 

 

ポケットもシンメトリーに。

IMG_4259

 

 

クラウン(後頭部の所にあるかっこいい突起)も余すとこなく使います。
(ワニ、後頭部っていうのかな?首の背中側のところです)

IMG_3435

 

黒の背ワニも一枚使って、ポケットの中までクロコダイルです。

IMG_3437

 

天マチはくりぬきで。

IMG_4256

 

 

 

ここでちょっとひと休憩、お湯に浸かって休んでもらいます、、

、、、違います。汗

尻尾をピンと立たせるために、お湯につけてから

癖付けし直します。

いわゆる”絞り”の技術の

応用です。

ここら辺は大胆に、かつ失敗しないように慎重に。

IMG_3949

 

ゆっくり陰干しして、時間が過ぎるのを待てば、

IMG_4279

トサカになりました。

 

 

ポケットに当ててサイズ感を見てみます。

IMG_4277

当初、平面的にスタッズなどで打ってしまう案でしたが、

のっぺりしていて、なんか違うので

立体に起こしてみます。


IMG_4283

ちなみに裏側にもブライドルレザーとクロコの見返しとか付いています。

 

 

こうなってくると、生きているみたいです。

IMG_4281

IMG_4276

 

結果、出来上がるとこうなります。

IMG_1056

立体付けにして正解でした、命が宿りましたね。

存在感が圧倒的に違います。
(写真は仕上げのオイル加工前の写真です)

 

 

 

 

次は規格外の内装の事を書きます。

それでは、また

カテゴリー

 - 5m