若槻商店の日記

#2続き

      2015/12/29

これホントにスモールなの?

の続きです。

mtj1I

 

ハンドル根革の肉盛り、もりっとしています。

Cu9P6

こんなにね。

IMG_1724

前どうの縫製、かぶせもつけて、また縫製、vermilionの中空鋲もしっかり打ちます。

迫力でてきました。

IMG_1734

 

 

 

背どう側も同じようにしっかり縫製します。

糸番手は、太めの5番手。針は斜めに切れるヒシ針を使用しています。
(みんな知ってる、耐久性もあるvermilion仕様)

IMG_1747

背どうのディテール。

中空鋲打ってあったり、オールドアメリカンのファスナーに手縫いと

いろいろギュッと詰まっています。

このファスナーは背側から、直接本体内側に繋がっているので物の出し入れが楽チンです。

見た目重厚でも使いやすさは当然求められます。

さらりと採用するのが、うちと永瀬さんのやり方です。
(いつも悶絶しながら考えてます笑)

IMG_1749

 


IMG_1767

今回は大きいバッグなので、

いつものvermilion仕様にもう一つ内装ポケット追加しておきました。

IMG_1764

これから玉縁の底をまとめます。

IMG_1762

 

 

 

チクチク、ダダダーっと

まとまりました。

ひっくり返す前のこの状態が、僕は好きです。

クロコの洞窟です。

IMG_1771

このレベルのものになると、ひっくり返すのに結構な経験値が必要です。

力みすぎてもダメ、かといって慎重すぎてもダメです。

IMG_1777

底の方から、グゥーと押し込んでいきます。

余裕がなくなってきたのか、これ以上のひっくり返し写真撮ってませんでした。はい。

IMG_1778

ふうー、ひっくり返りました。

ただひっくり返しただけではダメです。

形を綺麗に整えるところまでが仕事です。

玉を綺麗に出す。

全ての縁もぐぃ、ぐぃっと押し出します。

この仕上げの作業が、それはもう決め手になります。

惰性で終わりません。猪瀬時代の師匠から口すっぱく言われて学んだ一つの儀式みたいなものです。

やらなくても同じ出来上がりですよ。でもやらないと命が吹き込まれません。

そういう、目に見えない仕事がたくさんあるのです。

IMG_1783

ここまできて、あの口元革巻きをして、

最後、ベルトの穴あけなど微調整して出来上がりになります。

IMG_1779

肝心なところは、一生懸命(まあまあいっぱいいっぱい)なので写真ないのです。ゴメンなさい。

HgqUx

いかがでしょうか?

IMG_1812

一つのバッグを作るのに、考えなければならない項目は数百から数千に登ります。

ましてや、代えのきかない素材。

 

いい雰囲気に仕上がって

展示会での評判も上々だったようで何よりです。

9ekAY

IMG_2235 2

写真はヒガシザワ。

モデルには彼が適当です^_−

 

それではまた

カテゴリー

 - 5m