本日赤坂蚤の市出店します!

IMG_1401 (1)

赤坂アークヒルズにて開催の赤坂蚤の市に出店します!

今日は私、若槻一人での参加です。

東澤ファンのみなさん、すいません!

先月はとっても寒かったようですが、

今日は少し暖かくなるでしょうか、、

 

 

話は変わりますが、

『れも』って知っています?

え?しらない?

福島の柏屋のお菓子で、

チーズケーキみたいなやつ。

子供の頃から大好きで、いただいたときなどよく食べてました。

それがどうしたって?

はい、

昨日届いたんです。

財布買ってくれた地元の仲間より差し入れでもらいました。(この他にも”ままどーる”と”玉羊羹”も詰め合わせで。)

 

もう単純にうれしいですね。

しかも、メッセージが

『東澤さんと二人で分けてね。』ですって。

このサイト見てくれているんだ。

 

 

では、今日も1日頑張ろうと思います ^ ^ 

 

 

 

手持ち看板 

試しの『A』がうまくいったので、

IMG_4936

ここから本番に入ります。


今回、神戸にある『フリースピリッツ』さんからの依頼で手持ち看板を作らせていただきました。お店の看板の仕事、光栄ですね。

どんなものを作るか、打ち合わせの段階から2、3案ありましたが、

ずっと使えて、かっこいいものというオーダーでしたので、

最終的にプエブロレザーで仕立てる『ニクモリの絞り出し製法』に落ち着きました。
(製法は独自の名前です笑)

 

 

さて、作りますよ。

まずは<キラーン!>を立体で起こし、

文字もフォント通りにカットしていきます。
IMG_4947

IMG_4948

キラーンは刃を斜めに入れて山を作っていきます。これが本物の立体裁断ですね。

3Dプリンターがあれば速攻できそうですが、無いのでフリーハンド裁断でいきます。

 

次にプエブロレザーのコニャックを裁断します。

キャンバス水張り用のベニヤにうまく巻き込めるよう

厚みも計算してパターンを起こします。

線が幾何学模様みたいでなんかいいですね。

長く雰囲気を維持して欲しいという思いから、全体は薄く漉かずに、

原厚で試みます。

革の良さってそういうところで差が出てくるような気がするので。
(ベニヤに巻き込むところはコバ漉きしていますがね)

ssShy

 

これこれ

小学校の時とかよくやりませんでしたか?

鉛筆での転写。

まったくアナログですが、これでいいのです。

IMG_4951

 

バランスを見ながら、配置して

張り込みに入ります。
IMG_4969

 

ここからあとはもう

ありとあらゆる方法を駆使してなんとか文字を出します。

半分根性で出します。(いや、ちゃんと計算してますよ)

ほら、出てきましたよ文字が。

もう少しで完成です。
IMG_4971

 

完成品は、神戸にある『フリースピリッツ』に行ってもらえれば置いてあるかもしれません。

もしくは代表の村田さんが持ち歩いているかも、

なんせ”手持ち看板”ですからね。

いろんな人に持ってもらって

どんな風にこれから変化していくのでしょうね。

楽しみです!

若槻洋樹の半径5mも100記事目に突入。

おー!やりました。

自分としては、先ずは100記事と思っていたので素直に嬉しいです。

ちょっとずつ見てくれている人増えてるような気がしますしね。、、気がするだけですよ。

毎日とか言わず、できるときに、無理をせず、ずっと習慣化していける速度でこれからもやっていきます。

marume.netのスプンオフサイトとして、大事なことから、もう本当にどうでもよいことまでいろいろ書いてきましたけど、始めてから実は状況が劇的に変わりました。

それは自分のこと(やっていること)を理解してくれる仲間が増えたんです。

これは間違いない。

こんなこと言っちゃって大丈夫かなとか、勇気をふりしぼって書いた内容でも、みんなのリアクションは以外と普通で、むしろどちらかというと好反応なことが多いのです。(そうじゃないこともあるかも、)

今まで僕のことあんまり知らなかった人が、興味持ってくれたり、話しかけてきてくれる。

これってすごいことですよね?

ただ部屋にこもってむっつり助平のように作業していてもこうはなっていなかったと思います。

中にはそんなこと言っちゃっていいの?とか出しすぎだよ!と言われることがたまにありますが、もしそれが理由でダメになったとしても、また1からやり直せばいいんだから。大したことないです。

元々ゼロからのスタートなんですから。

むしろなんで今までやっていなかったんだろうと、思うくらい。

だから僕はこれからも

周りの出来事を発信します、向島を、福島を、香川も神戸も長野も、御殿場から千葉も?

全部、ぜーんぶコツコツ愛を持って発信していきます。

自分の思っていること。お仕事であるものつくりから、僕の周りにいる人たちのこともね。出演NGの人がいても心配しないでください大丈夫です、その際は言ってくれれば書きませんから笑(ちなみにうちの嫁さんは出演NGです、聞いてないけど多分NG)

そもそも好きなことやっているんだから、少しずつでもオープンにして周りのみんなを巻き込んで盛り上げるぞ!って気持ちなんです。

楽しいことやろうよ!ってのとはちょっと違いますよ。

すでにやってる⇄人が集まる

結果楽しい反応がおこる。

このスパイラルが、素晴らしい。

 

 

 

、、前置きが長くなってしましましたが、今日の半径5mは

これだー!

IMG_5150

やかん型の急須買ったんですが、これいい。

ちっちゃいんですよ、写真じゃ伝わらないかな、絶妙なバランス。

ステンレスで割れないし。作業場にもってこい。

IMG_5154

IVY PRODUCTSのコースターでホッと一息ついたら作業もはかどりますね。

 

 

ではでは、

今日も長文を読んでくれてありがとうございました。

これからも若槻洋樹の半径5mをよろしくお願いします^ ^

 

 

 

 

 

素材についてよく聞かれるんです。

なんでプエブロ使ってるの?ってよく聞かれます。

その答えは簡単です、

 

単純に好きだから。

 

質感、色、匂い、雰囲気どれも好きなんです。

木で例えると、うーん。。

ウォールナット!、、

違うなー、

パープルハート!みたいな感じですか、。

昔パープルハートでペン差し作ったことあるんでわかります、あの変化していく感じなんかそっくりです。あれ不思議な木ですよね。

 

 

それともう一つは、仕立てが楽しいんです。

芯通し(革の中までオイルや染料が染み渡っている)の革なので

作っている時、言うこと聞いてくれるんです。
(革が言うこと聞いてくれるって何言ってんだって思うかもしれませんが、本当にそうなんです)

 

だから、作っていても楽しい。

 

好きで、楽しいんだからもうしょうがないですよね。

流行りとかじゃないんです。

そんなこと関係ないのです。

 

うちならではの仕立てをしています。

 

いい塩梅に落とし込んでいます。

 

手にとって見ていただける機会があったらぜひ。

 

この前言われたんですが、marumeってジワジワくるらしいです。

3日目くらいに笑

 

 

IMG_5193

roomsに出展してきました。


引き寄せられるような流れとご縁で急遽決まった今回のrooms(国内外バイヤー、プレス向けの合同展示会です)出展だったんですが、

いろんな方々のリアクションがあったので、出てよかったかなと。

やはり作業場にこもっているだけではなくて、

自分たちがつくったものをたくさんの人に見てもらえる機会、

このような時間をもっとつくっていきたいです。

不器用なんだけれど、怖がらずに前に出て行かないと。
(手先は器用なんですけどね笑)

 

これでまた次につながると、いいな。
IMG_5161IMG_5199

また作業に取り掛かるとします。ありがとうございました。

 

ぶらり長野(弾丸)

さあ、ぶらり長野です。

訪れるのは二回目ですが、すでに長野大好き若槻がお伝えいたします。

IMG_5093

今回の旅でお世話になったお宿は、前から気になっていた
ゲストハウス『pise』
バー、かっこよかったです。先週もばったり向島『カブ』で飲み交わさせていただいた、なべさん(渡部屋)の仕事なので、余計に気になります。

僕ら以外は泊まっていた人は外国の方々だったようで、朝方起きてキッチンに行ったら永瀬さんがマンチェスターの二人組と普通に話し込んでてびっくりしました、さすがですね。

 

あの日はアイビープロダクツで遅くまで飲んでいたので、IMG_5050

寝に帰っただけになってしまいましたが、次回はなべさんが作った仕事を眺めながら高橋くんも誘ってバーでゆっくり飲んでみたいな〜と。

 

さてさて、ぶらり続きです

朝一にアーケードにある喫茶店でさらっとモーニングをいただき、

目指すはやはり善光寺です。

見えてきましたよー、正門。

IMG_5135

迫力ありますね。

朝方からずっと雨降っていたんですが、

ちょうどここに訪れた時には晴れ間が差して茅葺?の屋根から湯気が立ってて

その瞬間なんだかとても幻想的でした。

IMG_5139

お参りをすませて、

また長野の街に繰り出します。
IMG_5138右が私で、左がpskの市川p社長です。
(写真を撮ってくれたのは、vermilionの永瀬さん

西之門醸造元 よしのやIMG_5134

この通路、やっぱりいいです。

酒蔵見学をした後は、

大通りを避けて、裏路地探索をしながら

高橋くんおすすめの蕎麦屋さん『かんだた』へ。

蕎麦が美味しくてたまげます。

 

最後にぶらりと

IMG_5128

IMG_5111

チャンネルブックスさんでコーヒーをいただき、みんなに挨拶して、

始めての3列シート高速バスで家路に着きました。

IMG_5062

たくさんの嬉しい出会いもあり、またすぐにでも行きたくなる

ぶらり長野弾丸ツアーだったのでした。

 

<祝>ivy productsに行ってきた!

そう、昨日から今日まで長野へ。
IMG_4983苦手と思われていた長距離バスでしたが、お昼でガラガラだったこともあり以外と快適。。

って何をしに今回長野まで?

はい、これだー!
IMG_4990

ジャガジャガジャガジャガバーン!!

marumeをいつも強力に応援してくれている、

ivy productsが店舗移転に伴いリニューアルオープンするとのことで、

東京からわいわいみんなで駆けつけたのでしたー!



前のお店から50メートルくらい長野駅寄りになった新店舗は

広さは倍以上に拡大、天井が抜けてて開放感があり

素敵店主、高橋くんの思いがいたるとことに散りばめられたとてもナイ〜ス!な空間でした。

拡大リニューアルおめでとうございます!!

IMG_5098

バックパックも店頭にどーん!と置いてもらっています。

IMG_5130

 

 

IMG_5126
花屋さん、本屋さん、バッグ屋さんと3件並んでて、雰囲気とてもいいです。
(写真左がアイビープロダクツで右がチャンネルブックス。写真には入っていませんがもう一つ右側に花屋さん)

お隣の書店『チャンネルブックス』さんではゆっくりお話しながら美味しいコーヒーもいただけちゃいますよ。IMG_5108

この日はなんとさっきまで農家さん家で餅つきやっていたと

チャンネルブックスオーナーさんからつきたてのお餅!?までいただいてしまってすいません。
(ごちそうさまでした!おいしかったでーす!)

IMG_5128

読んでみたい本がたくさん、フライヤーなどもたくさん置いてあるのですが、

その中に『アイビー通信』発見しました!

革ものお役立ち情報から、革のコースターがもらえる引換券まで付いていました。

これアイビーに持って行ったら高橋店主になんとタダでコースターおねだりできます。

IMG_5112みんなも挑戦してみてね。

 

 

そして、そしてー、

IMG_5020
さかのぼって前日の夕方から

開催されたレセプションパーティーでは

次から次とお客さんがやってきてワイワイガヤガヤ、

あの『バーバラ』さんの美味しいご飯と、

チャンネルブックスさんからのお祝い、マグナムサイズのシャンパンで乾杯。
(外の雪で冷やしていたそうです、キンキンでした)

気がつくと夜遅くまで宴は行われてました。

ここで出会った人たちは、みんな優しいし楽しい人ばかりで前にも増して長野が好きになってしまった夜でした。

IMG_5050

祝!ivy products!おめでとう!高橋くん!

 

 

アンティークのドライバー


佇まいといいますか、ただ単に機能美がありますよね。

これは何十年くらい前につくられたものなんだろう?

50年かな?もしかして100年かな。


 

5年前に右も左もわからないパリの蚤の市でゲットしたドライバー3兄弟。
Exif_JPEG_PICTURE

marumeバックパックの葛藤

ここ何日かバックパックの修正をしています。

もう少しバージョン違いを検討中です。

 

私個人の好みでは、正面の角革から再度の角革のところまでのラインが

パーン!としていていいんですよ、これ。

IMG_4540 (2)

いいところは残して、

使いやすさと気が利いた何かをプラスして次につなげたいです。

できるだけ全体のバランス見ながらね。

試しの『A』

昨日はあったかい風が吹いてて少し春っぽくなってきたかなと思ったけど、やっぱりまだ寒いですね。

 

今日は切れっ端でニクモリ?絞り出しのテスト。

革は立体になるといい表情をするんですよね。

磨いたりもするので、すぐに表情も変わるプエブロのコニャック。

これで何を作るかはまだ内緒です。
IMG_4936

朝の習慣

朝イチバンに作業を始める30分前、コーヒーを淹れます。

どんなに忙しくても無理やりにでも時間を作ります。

そこでの何気ない話や、朝の落ち着いた雰囲気が

その日1日、ものを作る時に必要な集中力を高め、簡単なミスを防いでくれたりします。




毎日の積み重ねでドリップ技術?は勝手についてきたような気がするんですけど、

それでも毎回違う味になってしまう、、、奥が深い。

技術だけでも毎回こんなにぶれるのに、そこに品種や焙煎の程度まで合わさったらもはや宇宙ですね、

キリがないです。

もちろん淹れたてのコーヒーは大体美味しいんですが、

たまに思い通りに行かない感じも、くせになる一つの要因でしょうか。

IMG_4398

写真は毎日のお供、コーノ式のドリッパー、

4年前に家族からもらったものなんですが、使い勝手、見た目共によく

ずっと使ってるお気に入り。

 

 

 

ロングウォレットのカラーオーダー

問い合わせいただいて製作したカラーオーダー品のご紹介です。

こちらはmarumeロングウォレットのグレー。

プエブロのグリージオ、このモワモワもいい色です。

どんな変化をしていくか楽しみですね。

お時間はいただきますが、私若槻がカラーオーダー受け付け窓口やっております。


IMG_4608

IMG_4602IMG_4611 IMG_4627
そして、ロングウォレットを送った次の日に、

お客様から嬉しいメールが届きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先程家に帰り作品、拝見しました。

デザイン、質感、匂い、そして作りの全てが予想以上でした。

まだ最初は固いですが、このグレーがどうなっていくか楽しみです。

満足〜♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うれしい。

製作に力が入るお言葉をいただき、

がんばろうと思える1日でした。

プエブロレザーグレー×ラウンドジップウォレット

グレーもいろんな角度からお伝えしようかと。

まずは正面。

IMG_4737

フルレザーの贅沢仕様ですので、ハリコシが違います。

何と違うかと言われても、比較対象になるものが思い浮かばず困るぐらい笑

IMG_4669

 

内装、もちろんプエブロのフルレザー。

カード段が4×2カ所、

札入れは両サイドに、コインポケットの両サイドフリーエリアは

お札も、カードもご自由にざっくり収納できます。

中の引き手は主張しすぎず、手縫いでワンステッチです。

IMG_4674

 

この形は、もう普遍的なものですが

その代わり何もごまかしがきかないアイテムです。

うちでは何十回もテストを重ね、今のものにたどり着きました。

自信を持ってオススメします。

IMG_4645

 

IMG_4644

 

 

はい、最後はお決まりの自然光です。

IMG_4734

グレーももちろんモワモワしています、

魅惑のプエブロレザーです。

 

 

marume.net

プエブロレザーキャメル×ラウンドジップウォレット

こちらはラウンドジップロングウォレットのキャメル。

IMG_4728

 

IMG_4700

 

中もフルプエブロレザーで、迫力あります。

ハリコシうるさいですが、

ずっしりとハリとコシがあります。

本当なんです。

IMG_4702

はい、お次はこれ自然光です。

IMG_4709

表面はモワモワしていますね、これが使っていくとギラーンとオイリーしてきます。

プエブロレザーレッド×ラウンドジップウォレット

こちらはラウンドジップロングウォレットのレッド。

IMG_4685

このハリとコシをどうやって写真でお伝えするか日々とんちを効かせておりますが、

どうお伝えすればよいものか、

動画でも撮りましょうか。

いや、しかし。動画はむずかしいか、、

IMG_4690IMG_4693IMG_4682

レッドのモヤモヤは自然光が一番わかりやすいようです。

IMG_4694

違いわかりますか?

どう見ても違いパッと見でわかりますね。

 

小さいサイズこれから検証します。

男性には大きいサイズが好評なんですけどね。

IMG_4577

フルレザーのバックパック、大きいので存在感あります。

 

IMG_4576

街で使うにはこのくらいのサイズ感がベストでしょうか、

ランドセルくらいのサイズ感です、完成は近いです。

もう少しいろいろ試してみます。

小さいバックパック

 

大は小をかねるで

いつも私の作るバッグは最初大きいです笑

ですが

世のニーズにも応えるべく、

今小さい(普通サイズ)バックパック作っています。

IMG_4551

タカタカタカタカ、、

玉ブチを真剣に縫う若槻。

IMG_4555

角のパッドも小さくなるので、

コロンとしていて可愛いです。

IMG_4556

ギュイーンとまとめていきます。

IMG_4559

 

出来上がったらまたアップします!

ロングウォレットも使用テスト

このプエブロレザーの赤が写真(ネット)でお伝えするのがおそらく難しい色なんですよね。

このモヤーっとしているのに、奥行きがあって、なーんとも言えないこの絶妙なレザー。

ちょっとでもイメージの補足になってくれればと、

いろんな角度から撮って少しづつアップしていきます。

IMG_4549