手持ち看板 

試しの『A』がうまくいったので、

IMG_4936

ここから本番に入ります。


今回、神戸にある『フリースピリッツ』さんからの依頼で手持ち看板を作らせていただきました。お店の看板の仕事、光栄ですね。

どんなものを作るか、打ち合わせの段階から2、3案ありましたが、

ずっと使えて、かっこいいものというオーダーでしたので、

最終的にプエブロレザーで仕立てる『ニクモリの絞り出し製法』に落ち着きました。
(製法は独自の名前です笑)

 

 

さて、作りますよ。

まずは<キラーン!>を立体で起こし、

文字もフォント通りにカットしていきます。
IMG_4947

IMG_4948

キラーンは刃を斜めに入れて山を作っていきます。これが本物の立体裁断ですね。

3Dプリンターがあれば速攻できそうですが、無いのでフリーハンド裁断でいきます。

 

次にプエブロレザーのコニャックを裁断します。

キャンバス水張り用のベニヤにうまく巻き込めるよう

厚みも計算してパターンを起こします。

線が幾何学模様みたいでなんかいいですね。

長く雰囲気を維持して欲しいという思いから、全体は薄く漉かずに、

原厚で試みます。

革の良さってそういうところで差が出てくるような気がするので。
(ベニヤに巻き込むところはコバ漉きしていますがね)

ssShy

 

これこれ

小学校の時とかよくやりませんでしたか?

鉛筆での転写。

まったくアナログですが、これでいいのです。

IMG_4951

 

バランスを見ながら、配置して

張り込みに入ります。
IMG_4969

 

ここからあとはもう

ありとあらゆる方法を駆使してなんとか文字を出します。

半分根性で出します。(いや、ちゃんと計算してますよ)

ほら、出てきましたよ文字が。

もう少しで完成です。
IMG_4971

 

完成品は、神戸にある『フリースピリッツ』に行ってもらえれば置いてあるかもしれません。

もしくは代表の村田さんが持ち歩いているかも、

なんせ”手持ち看板”ですからね。

いろんな人に持ってもらって

どんな風にこれから変化していくのでしょうね。

楽しみです!