自己紹介④好きか嫌いか

物事は好きか嫌いか

楽しいか、つまんないか(気分がいいか、悪いかも)

をはっきり言いながら生きていきたい若槻です、どうも今日は。

それで、皆さんがどう思われるかは勝手にしてください。

僕が、これから何をしたいのかと、 今何をやっているのかを、最初に書いておきます。

ぼくがこれから実行したい事、間違いなく実行に移していく事として、 村、もしくはランドを作りたい。どーん!という事があります。

ざっくりしすぎていて意味がわかりませんね。 それでいいんです。 言っときたいだけですから。

8年後には何かしらの答えが出ていると思います。 期待しないでいてください。

それで、今は何をしているかというと、 鞄メーカーtokyo east side若槻商店をやりながら<marume>っていうオリジナルブランドを起こして コツコツお金貯めたり、仲間を探している真っ最中なのです。

でも次から次からやりたい事に投資し続けているので一向にお金はたまりません。当たり前ですね。

いいんです、お金貯めたいわけじゃないですから。 お金はランド作るのに最低限あればいいので、その時には銀行から信用されるような立ち振る舞いが最低限できていればオーケーですね。

でもスーパースポーツゼビオのような創業から無借金経営なんてところもかっこいいなーと思っているので、 そのプランもなくはないです。 ま、そこはのらりくらりやっていきます。

どうあがいても身の丈にあった事からハミ出ても楽しくないし、具合が悪くなってしますので、何事も等身大で取り組んでいきます。

 

ではまた明日。

 

自己紹介③お仕事とこれからについて

どーでもいい事ばかり書いててもあれなんで お仕事の話、道具、仕事としての作り手側の人間の考えなんかを書きたいと思います。
僕は結構、加工の仕事では引っ張りだこでいつもいろんな案件が舞い込んできます。
ありがたい事ですね、でも『仕事を依頼する』の欄に書いてある通り、 こんな案件、こんな人たちのお仕事はなんとも心苦しいですがお断りしています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「数が少ないんですが、加工賃は安めで量産して欲しい。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よくあるんですよね、これ。 まったく意味がわかりません。

誰も幸せになりそうも無い案件はお断りします。 企画そのものが間違っている可能性が高いですほんとに。

企画から練り直すというか、

もう来ないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
「傲慢な態度をとられる方」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっぱりたまにいるんですよね、 何を考えているんだか、自分が偉いとでも勘違いしているんですね。
僕も20代で独立したての頃は多分勘違いしてました。
そういう大人をいっぱい見てきていたので、どこか肯定している自分がいました。
でも今ははっきり言えます。

間違ってます。

いい年してそんな事もわからないんですかって感じです。
僕は30歳になる前にちゃんと気がつきましたよ、そんな事しててもだっれも幸せになりません。
周りの人たち萎縮して大変な事になっていますよ。
早く気づいてくださいね。

人生は短いです。

僕は、そんな人なんかよりももーっと偉いはずなのに、普通に話せる方々とお知り合いになりたいし、 自分もそういう謙虚な振る舞いをどんなに年取っても心がけていきたいと肝に命じているので
なぜか傲慢な態度を取られる方は、心苦しいですが、、

もう来ないでください。かまってる暇がありません。

パワープレーがまかり通った時代があったんでしょうが、 もうやめてください。迷惑です。

 

、、、これはこれは気が付くとどーでもいい事ばかり並べてしまっていますね、失礼いたしました。
そんな人たちばかりではない事は重々承知しています。
現に今僕は楽しい人たちと仕事したりお喋りしまくっていますので。実は関係ないんです。
あしからず。

 

本題に戻ります。 製造業、ものづくりにもっと志の高い若者が憧れてくれるような、居心地のいい誇り高い現場にしたい思いがあります。

賃金も時間もそれを含めた環境も。僕はそれを目標にやっていきたいと思っています。

そのためには心身ともに強くなければいけないです。 家族を守るため、仲間を守るためにね。

それと、僕がいままで培ってきた技術とかは 出し惜しみせずに発信していきたいと思っています。 今どき一子相伝とか門外不出とかしょぼいこと言ってられないですしね。

みんなでいいものはシェアして新たな産業を生み出すような動きにまでなってくれればいうことないですね。

そのためには自分だけ儲かってても絶対にそれにならない事だけは分かっているので ガシガシ情報出していきます。

同じような考えの人たちがこの向島エリア、または日本に集まってきて世界に名だたる名産地になる事を目標に。 そんな考えです。まあ僕の知識なんてしれてますけどね。のんびりやっていきます。

そこのあなたー!一緒に考えていきましょう。

 

僕に衝撃を与えてくれた、(荒療治してくれた)
岡本太郎さんの言葉を紹介しておきます。ー自分の中に毒を持てー冒頭より

〜人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。僕は逆に、積みへらすべきだと思う。 財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。〜

気になる人、生き詰まっている人はぜひ読んでみてくださいね。おすすめですので。

 

ではではまた。

自己紹介②自分の中に毒を持て

 僕は19歳の時、摂食障害を起こし体重が45キロくらいまで落ちてしまったことがあります。59キロあった体重が、1、2ヶ月でそこまで落ちるのです。やばいですよね。

それはまだ夏休み前だったんですが、当時通っていた専門学校の先生に休みを取って田舎で静養しなさいと言われて 2ヶ月ほど福島の実家に帰るしかなかったのです。それはもう完敗です。

東京の生活に慣れてきたはずの2年目で思いもよらない出来事でした。

原因の多くは朝の満員電車でパニック障害っぽい症状に見舞われ、それがまたなるんじゃないかとの恐怖心からろくに食事が喉を通らず、
学校の授業やごく普通の日常の生活でも何をやってもどんどん追い詰められていくような感覚だったのです。

車酔いにかかる人の感覚とかと似ていますね、乗る前からもう酔っている感じ。それがずーっと生活について回るのです。恐ろしい。

だからイケダハヤトさんのまだ東京で消耗してるの?なんかはダイレクトにものすごく共感してしまいます。勉強になります。

でも、いまはそれから10年以上経っていますし、冷静に振り返ることもできています。しかもそれからもずっといままで東京で消耗し続けていますしね笑

当時のことを分析してみると自分でいうのもなんなんですが、性格が真面目なのにプライドも微妙に高く生きていたと思うので、(実際はただのヘタレ)

必要以上に人の目とかが気になりすぎて、自分はこう思われたくない、こう見られたくないとかあったので、
ネガティブな思考、妄想ばっかりなぜか最初に頭にうかんできて、それがループし始めて自爆してるような感じですね。

だれも僕のことになんか興味がないのにです。自意識過剰ってやつですね。 世の中の人が全員僕のことを見ている感じ、逃げ場のない強迫感に勝手におちいってしまったんですね。
普通に考えたらそんなこと有り得ないのはわかるんですけどね、余裕のない人にはわからないんです、そんなことすら。

当時の僕個人の力では解決できない問題に発展していました。

 

今でこそ、自分でそういうネガティブな感情にならないようにごくごく簡単にコントロールできるようになってきてますので、
最近会ってる人にそんな話をしても信じてもらえないくらい、楽しくおちゃらけて生活しています。その時の反動も少しはあるのかな?
でも調子に乗りすぎると、ロクな事がないのは重々承知してるのでもうあんまり調子にも乗りません。
(深酒飲して午前2時以降にもいい事があった試しがありません、これは間違いないです笑)

まあ、話が逸れてしまいましたが冒頭しゃべった事なんかは大なり小なりみなさんにも一度や二度経験があってもおかしくないでしょうけどね。だれもが生身の人間ですから。

それで、そんなパニックパニックな生活から僕を救ってくれた、一冊の本が岡本太郎の『自分の中に毒を持て』だったのです。
同級生の松⚪︎さんがげっそりした僕を見かねてこれ良かったら読んでみなよと渡してくれたのです。

もうね、自分の考えの甘さや、小ささをつきつけられ、概念や倫理観までありとあらゆるものが一気に引っ掻き回されたような不思議な感じがして、 それを読み終わった後の人生はいままでいた場所よりも一段上のステージに上がったような気分でした。(実際は無理して上のステージにしがみついてたのに気が付かず、一番下のステージに落っこちただけかな笑)

 

自分の考え方ひとつでこうも世界が変わるのもかと思える最初の出来事だったのです。 そんなパニックな生活から見事に脱出できた僕は14年経ってこれから発信していくことに決めたのです。

なんでかはまた明日書きます。

それでは

自己紹介①はじめまして、若槻洋樹(わかつきひろき)と申します。

はじめまして、若槻洋樹(わかつきひろき)と申します。

東京の墨田区は向島、スカイツリーのお膝元でカバンメーカー若槻商店を営んで早8年目、 <marume>というオリジナルブランドも2年前から公にして活動しています。

好きなもの、信じるもの、守りたいものは、<じぶん、家族、じぶんの仲間、その活動に伴う道具と環境、それに地元本宮のお祭り>です。

嫌いなもの、できればスルーしたいのは、人に迷惑をかけても反省する事を放棄している人、考える事を放棄している人、なんでもかんでも諦めている人です。げんなりします。

生きていく事と仕事の狭間でできた僕の信条の一つに、 『人、大地、生き物に迷惑をかけなければ、何をやってもいい』というのがあります。 (大きく言っちゃってますが、そこに相手を思いやる気持ちが必ずある事が大前提です)

でも人間って生きてるだけで何かしら迷惑はかけています。息してるだけでも他の命を何かしら頂いて生きていますから。 目に見えない小さい生き物だってたくさんあるわけじゃないですか、命は巡ってます。

だから殺生がどうのこうのの100%ベジタリアンとか想像力が足りないと思ってます。綺麗事すぎて話になりません。まー好きにすればいいけど。

基本一人では生きられないのが人間ってもんですから自然と助け合うんだと思います。類は友を呼ぶんだと思います。そしてそこに秩序が生まれるんですね。 助け合うんですが、現代では他の誰か関係ない奴に縛られている時間はないのです。何やっててもいいんです。

人生は短い。好きな事やっていいんです。 みんなそこを頭使って考えるんです。諦めちゃダメなんです。力をつけてバランスを取るんです。

 

、、、うーん、慣れないもので最初から話が逸れてしまいましたが、 ここでは僕、若槻洋樹の趣味嗜好、生活にまつわる事、思考回路、倫理観、ものつくり、道具とかそれに伴う環境、いままで覚えた事、(技術もおしみなく) 身の回りに起こった出来事などを細かに記して行きます。

最近いろいろとあって覚悟を持って決めました。もう僕のサーバーを破壊しない限り書き続けちゃいます。しらんです。

興味を持っていただけたら、ちょいちょい覗きに来てくださいね。興味がなくてもたまに見てくれても構わないです。 真面目なことからくだらないことまで、ざっくばらんに発信していきたいと思います。

何をやってもいいのです、それが誰かの迷惑でなければ。
(ま、想像の範囲内でね)

僕は僕の好きな事をやります。

ではではまた明日。