恵比寿『夜ノ森』で『大天狗』のお酒が飲める!

 

僕の地元の愛する”お水のように口にするお酒”『大天狗』

先日、その五代目さおりちゃんが恵比寿『夜ノ森』で即席試飲会を開き

早速悩む、まさる板長。

IMG_3125

結果、採用。(早っ!)

IMG_3130

緊張の五代目さおりちゃんにも笑みがこぼれます。

 

『夜ノ森』は

渋谷と恵比寿の間の明治通りにありますので、気になる人は一度行ってみてくださいね。(ライフの前)

まさるくんの作る料理はサイコーに美味しいですから。

僕が保証しても説得力無いでしょうけど、保証します。

美味しいです!

まずはポテサラ頼んでみてね。美味しいよ。

 

さあ、東京でも大天狗が飲めるようになりました!

これで、大天狗がいつ飲みたくなっても困らなくなりましたね。

 

去年からさおりちゃんが、杜氏として酒作りやっています。

頑張れ五代目!

 

 

そしてSpecial Thanks 守谷くん

 

 

#2 向島の青空スタジオ

これホントにスモールなの?#2 の仕上げも無事に完成。

うちの前の青空スタジオで、たまたま居合わせた出張中のあの方が、モデルに抜擢されましたV(^_^)V

 

IMG_2472

 

 

 

IMG_2476

<ピィースブリッジ>で加工職人の伊藤さんが納得の行くまでオイル&バフを繰り返し、

さらに最後は永瀬さんが隅々までアイロン仕上げ、

新たに命が吹き込まれた<vermilion>の『スモールクロコ・口折れトート』

もの凄く黒光りしていて、奥深いグリーンに。
(相当多忙なのに永瀬さんが仕上げ完成直後、わざわざうちまで見せに来てくれました。)

感想は

『ユイツムニ』

なかなか出ないこのサイズ、とこのバランス。

実物は圧倒されますよ。

 

と言っても百うん十万円、、簡単には手が出せませんよね。

 

これからも時価でしょうけど、

欲しい方は、お見逃しなく。。一点のみです。

 

 

モデルは福山さん。

大阪から打ち合わせで来ていただいてたところに永瀬さんからのまさかのモデルオファー笑

 

 

 

 

そして、この日はmarumeヘビーユーザーでもある福山さんからまたまた

オーダーいただきました^ ^

何だと思います!?

オーダーの仕方も他の方とはまた色が違います。

IMG_2328

お楽しみに。(ごめんなさい。楽しみなのは、この僕です笑)

それではまた明日。

 

郡山Atiがほぼヨドバシになっててビビりましたが

 

軽快なステップで

4階まで一気に上がり、

旧友ともちんに会ってきました。

 

 

IMG_2220

こっ恥ずかしいけど、記念にパチリ。

福島県の郡山の駅前にあるAti 4F<ジーノ・ブリリオ>っていうヒステリックグラマーなどドメスティックなブランドを積極的に扱っているお店の

ショップマネージャーをやっている彼。

高校時代はサッカー部の9番で点取り屋で何かとモテてました笑

今もモテんのかな?もうお互いおっさんになってしまったけど。

IMG_2183

指!指っ!

 

 

こんな悪そうな顔もしちゃうし。

なんかアニメキャラみたいですね。

IMG_2195

 

でもね、お互いに10年以上違う道に進んで

一つの事をやり続けているんですよ、実は。

 

違う道だけど、ここに来てめっちゃ話が合うという不思議。

ものの見方とか、切り口(角度)は違えども

根本的な部分、本質的な部分って必ず共通項があって

なんでもいいけど、物事に真剣に向き合って、

考え続けている人ってまたどっかで引き合うんだなーって正直に思った週末でした。
(偉そうな事言ってすいません、僕もそうありたいのです)

 

最近はmarumeとかでイベントなんかに顔を出してタジタジだけれど直接接客してみたり、仕事でも仕事以外でも人と積極的に会うように意識してみたりと、今までとは違ったオープンな構えで世界がガラリと変わって見えてるのもあるし、

それで、ものを作る事と、ものを売る事って相反することとか実際あったりする事が身をもってわかってきたし、
(わかったからには、そうならないようにやれる事をするんですけど、僕なりにね)

そうかと思えば、何もアクション起こさずに待ってるだけでもうまく何かが合致したりして拍子抜けしちゃったりと本当に読めない事の連続でね、
(いや、実際は本気でぶつかってった結果だったりするんだけども汗)

でも何だかそれが今一番楽しい!って思ってて、もちろん仕事以外の事でもね。

まず、行動してぶつかってみる。それこそ体当たり!

単純な事だけど、なかなか簡単じゃなかったりするから面白い。

計算じゃ結局ばれるし、とりあえずそこは考えないでぶつかってみる。

あれ?さっきと違う事言ってるけど、でもそれでいい。

計算じゃなく、まずぶつかる。

これ、良くも悪くも大人になればなるほど出来なくなってくる難しいやつね。でもそれをやる。

 

何年かぶりに会ったともちんとつい昨日あたり打ち合わせでもしてたっけ?

ってくらい、その同じような部分でつまずいたり、勉強になったーとか言ったりしてて、

何だかな〜オモロいすり合わせ(人生の答え合わせ?)の時間だったなと。

考えたり、考えなかったり大変だね僕ら。

 

とても感慨深い時間でした。

 

 

 

IMG_2222

今度はゆっくり時間とって行きます、事前に連絡入れてからね^_−

 

では、また。

 

『ヨシタカ』モデルに引き続きTHE『Haga』モデル

ヨシタカさんに導かれるように笑

オーダーしてくれた、お祭り仲間でもある男前しゅうたくん。

IMG_1003

彼は元々気仙沼出身で、日の出写真館(ヨシタカさんの元)で何年だろう?

10年くらい?修行していた時に、地元のお祭り(安達太良神社秋季例大祭)にも参加していてすっかり地元本宮の人になってしまったお祭り男です。

今は、修行期間も終わり家業の芳賀写真館に戻ってしまいましたが、

本当に忙しいであろう秋のど真ん中10月に毎年開かれるお祭りに

必ず顔を出しに戻って来るんです。

ヨシタカさんがしゅうたくんに(仕事で?)会った時にあの『ヨシタカ』モデルを自慢してくれてたみたいなんですが、その日かな?次の日?くらいに速攻彼から連絡が来て、俺も欲しい!って

 

 

すごいですね、

師匠の影響力は。汗

IMG_9973

日の出写真館へのお問い合わせはこちらから。)

 

そんなわけで、『Haga』モデルの製作写真をちょっとだけ。

IMG_1195

ラフがラフ過ぎて落書きみたいですね、ここから正書のラインをとり出します。

IMG_1197

一つ一つ、穴あけは慎重に。

IMG_1198

Hからaへ、

IMG_1199

Hagaの出来上がりですね。

IMG_1201

こちらももうすぐ半年になる、エイジング。

IMG_1007

はい、いい男ですね。

IMG_1004

彼に写真を撮ってもらいたい方はぜひとも

芳賀写真館へ。^_−

 

 

それではまた。

ここはカタカナで!『俺を知ってる・・・・』

ワカツキ:ヨシタカさん今日は突撃〜取材いいですかー?

ヨシタカ:おー、いーよ。(あっさりオーケー、さすがです)

ワ:ちょっと仕事風景撮らせてもらっていいですか?

ヨ:うん、いーよ。はい。

IMG_9897

ワ:。。なんですか、そのヒコーキ。。

ヨ:これ、仕事。

ワ:。。。ちょ、ちょっと、なんか構えてもらってもいいですか?

ヨ:こんな?

IMG_9909

 

ワ:い、いや、違います。

ヨ:これか!!

IMG_9919

ワ:ヘアバン!?、、いや、そーじゃねーす!もっと違うやつ!

ヨ:こうか!

IMG_9920

ワ:。。。ヘアバンだし、エアーだし、顔キリッてなってるだけだし、何やってる人かわかんないですよ!!

 

 

 

、、、汗

 

、、ってことで、僕の生まれた町、福島県本宮市にある『日の出写真館』の

4代目、本宮生まれで知らない人はいない伊藤 芳貴さんをフォーカスしちゃいます。

 

marumeでカタカナメダリオン始めるきっかけにもなったヨシタカさん。
IMG_9914(写真はmarumeロングウォレット レッド)もう半年くらい経って、いい感じ。

 

 

今年の4月、ヨシタカさんからの愛のあるメッセージ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヨシタカ original wallet 完成品届いたZE。
さすが俺の後輩design カタカナ!!俺を知ってる・・・・
気に入った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11008058_828781600538309_375768106603546522_n

ほんと嬉しい、ありがとうございます。

ではではちょー長くなること必須ですので、続きはまた書きます。

 

俺たちのvermilion #1ガトリングバッグ

永瀬さんとの出会いは4年前、

ご近所の革工房真の大崎さんと二人で

現在はカドヤ2号店になってしまっている前のアトリエに突然やってきました。

その時に見せられたバッグのサンプルを見て、僕はお断りしたんです。

 

革紐を手でかがってあったり、

手縫いがしてあったりと とてもじゃないですが、『できません』って。

 

その頃の僕の仕事内容は、サンプルを作って、量産のオーダーをもらって、工場に生産の指示を出し、 期限の内に納めるという。まるっきり一人メーカーさんでした。

一人でやっていたので、納期に追われ、製作に追われる日々。

なので、一点物に近いものづくりは完全に敬遠していて、 それまでにメーカー時代に培っていた高級ものの作り方は完全に封印しているような状態だったのです。

だって求められていることが条件面ほぼほぼ合うわけないですもん。

いや、合わなくはないんですけど 当時は、それまでの経験に伴う相場観にとらわれてて、 頭っから、それはコストが合わないからできない、できないよー!って口癖のように言ってたような気がします。

実際、できるかもしれないけれど時間かけて作った物がお金になって戻ってくるまでの体力が当時の僕にはありませんでした。

そんなお断りの初対面からスタートした僕と永瀬さんの関係ですが、

『これならできるでしょ』って、

クロコダイルのバッグひとつの製作から始まり、

何だかんだ4年経った今となってはお互いが無茶振りしては、無茶振りし返すという

とってもクリエイティブな関係になってしまっているんですから不思議です。

僕が『こうじゃないとできませんよ』とやんわりお断り気味に言っても

『じゃそれでお願いします』って言ってくるんです笑

毎回ですよ。

多分その攻防は今までに何百回ってやっています。

しかも、こちらだって受けてしまったからには 求められる以上のものにしなければならないという、作り手?責任ある大人として?の本能みたいなものが出てきちゃうんですよね。

やるからにはやっちゃいますよ!っていうね。(しっかり鍵かけてた引き出し、一個ずつ丁寧に開けられてる気分です笑)

ある程度のところまで行ってしまうと、そこから手を抜けないんです、性格かな。 (それがわかってるから最初から断っちゃうんですけど)

何でしょうかね、気がついたら誰も真似できないものまでに到達してきた感があります。

技術云々の話ではないですよ、僕と永瀬さんの関係なしでは出来ないものづくりになってしまってるって話です。

 

じゃーどんなの作ってるのかって?

見てもらえばわかります。

はい、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

12063365_985455948160489_4684237546068045648_n

 

 

 

 

これは、、

何ですか?

 

そうそう!バッグですよ、バッグ。

なんか、次元が。。。何かを超越してる感半端ないでしょ!?

 

これには多くの方々が関わって出来てます。当然僕と永瀬さんだけで作れるわけありません。IMG_1403

それはまた今度

できる限り紹介していきますね^ ^

 

もうさ、ここまできたら石油王とかからのオーダー

お待ちしています。

あ、窓口は永瀬さんですので

あしからず。

 

 

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

vermilion背ワニクロコ/ガトリングバッグ

発注オーナー     ローライフ別注S様
ディレクション    vermilion 永瀬吉威
素材         トムズ
縫製         若槻商店 パターン・製作/東澤 監理/若槻
染め加工       ピィースブリッジ
金具モチーフデザイン PSKデザインワークス 市川
Special thanks            浮田産業株式会社 大阪支店長 藤澤

総指揮        vermilion 永瀬吉威

参考価格¥8.000.000-(税抜き)

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

 

 

来週火曜日からの展示会で実物も見れるみたいですよ。

オーナーさまからご好意で展示会に鎮座しているようです。

 

 

以下、vermilionフェイスブックページコピー

-お知らせ-

来る11/10火曜日より鞄・バッグ袋物関連の一斉業界展示会が行われます

今回もJas-M.B. Tokyo様のご厚意によりSHOPを3日間おかりして、弊社あわせて4ブランド合同展となります

http://jinmon.com/

http://leatherlabo.com/

http://riccomo.com/

http://vermilion-lwh.jp/

ジャスエムビー トウキョウ
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13-103
http://www.jasmb.co.jp/

*詳細はまた後日お知らせいたしますので、
宜しくお願い申し上げます

*今回は一般の方もご来場頂けるようにしております

*ご来場されたい方は弊社までメッセージをお願い申し上げます

http://vermilion-lwh.jp/ vermilion 永瀬

 

 

それでは、また

 

 

 

 

 

 

 

 

うちに”ヒガシザワケイスケ”って男がいます。

IMG_0133 ある日、ふらっと工房のドアを開けてやってきたんです。

それから、毎日うちで何かしら作っています。

 

その時は新しいことに取り組みはじめてて、

これまでのことを継続するだけでもパンク状態だったうちにとっては

もう本当に、

『かもがネギ背負ってやってきた』ようなもんでした笑

 

なんでって、

メーカーでの経験が豊富で(作り手)

好みも似てて、(奇跡)

英語もちょっと喋れて、(すごい)

何よりいつも誰よりも謙虚な人が、(やっぱすごい)

突然目の前に現れるんですよ。

 

三拍子?四拍子揃ってるじゃんか! びっくり玉手箱もいいところで、

そんな彼が暇そうにフラフラしてるんですから、

暇なら明日からどーぞ!って行っちゃうよねー。

世の中面白いなーって。

 

普通ならね、あの手この手で誘うよね、普通なら。

棚からぼた餅、待ってただけ。オートヒガシザワ。

 

IMG_0134

次の日からうちで一緒に手を動かして何か作っていますわ。

これからは2トップのスタイリストとしてやっていきます。

若槻商店は面白くなりますよ。

 

 

さて、今日は東京デザインウィークの搬入です。

どんな空間が広がっているかちょーたのしみだねー^ ^

 

 

 

さあ、行ってまいりました

出店してきました!『赤坂蚤の市』

 

IMG_8581

 

もう定番になってきましたね、

毎月第4日曜日といえば、赤坂アークヒルズで開催の赤坂蚤の市です。

 

今回も、相棒の東ザワと2人で出店です^ ^

朝まで降っていた雨も準備する頃には上がり、前日はお天気が心配で2だったテンションも3まで上がります笑

今回からmarumeバックパックも持って行けたので

どんなリアクションされるかなーとウキウキしながら準備準備。

 

と、そこでー!大事な忘れ物発見!!

トルソーの足ないじゃーん!

 

、、まいっか。

台の上に置けば。

 

はい、一安心。

と、そこでー!また大事な忘れ物発見!!!

 

値札持ってきてないやーん!( ̄▽ ̄)

これはやばいよ。

まじやばいよ。。

 

しばし、考え中。

東:これでいいんじゃね?

わか:おー!これがあったかー!市川P神やー!

IMG_8563

ってことで先日市川P神に作ってもらったカタログで

事なきを得た後、

せっせと準備に取り掛かります。

 

ほら、バックパックいいでしょ?

IMG_8568

ちょー目立ってましたよ、うん。

アカも茶もどっちもおすすめだけど、

ぼくちゃんは茶の方が似合うかなー。

なんて色んな人達に声かけられたり、話かけたりしているうちに、

とーっても素敵な出来事がーー!!

 

 

こちらは

同じクラフトブース仲間のコサージュなど素敵なアイテムを作っている

nico handwork itemsさん。

IMG_8584

IMG_8606

これすごいでしょ!

IMG_8585アカもいいでしょ?


IMG_8590

 普段は布などをベースにステキーなアイテムを作っているnicoさん、

隣のブースで出店中になんとなくお話していて、

うちのプエブロレザーで作ってみてはいかが?おもしろいんじゃない?

なーんて0,4-0,6mmくらいに薄く漉いた革を試しにお渡ししてから、半年ほど、、

試行錯誤かなりしたみたいですが、

めっちゃいいじゃないですか、これー!!

存在感ハンパないっすーって感激していたら、

奥様におひとつどうぞって、上の『nicoチューリップ』プレゼントしてもらっちゃった^ ^

こうゆうのって本当に嬉しいですよね。感激!

nicoさん、ありがとうございます!!

 IMG_8602

↑写真がnicoさん。 

 

イベントが始まる頃にはテンションがマックスの5になっていた事はもうおわかりですね笑

 

これからどんどん面白くなっていく事間違いなしのイベント『赤坂蚤の市』

毎月第4日曜日開催です!(たまに違う日になるのでご注意ください!)

まだまだ書き足りなーい!

次回に続きます。

それでは

 

 

 

 

 

 

 

天才、変り者、短い奴、奥万笑者

 

僕、講義とか、嫌いなんです。

もう遠い昔の学生時代とか、特別講義とかよくあって

3回に1回とかのめりこめればラッキーって感じだったでしょうか。

もう聞いてるうちに辛くなっちゃうんですよね。

2時間とか3時間とか身動き制限されるじゃないですか、

ですからね、セミナーなんてもってのほかで

自分が誰かのセミナーを自ら聞きに行くなんて思ってもいなかったんです。

 

 

。。。でもですね、

このサイトを作るにあたって勝手に大きな刺激を受けていた一人の

奥ノ谷圭祐さんが

これがもう最初で最後、こない奴は後悔しても知らないよ!
アパレル限定『短パン先生とトライ!』来い!

ってブログに載ってるの見てですね、ついつい『行きます!

ってメッセージ送ってた訳なんです。

後悔したくないのでね、だって興味があるのはもう隠せないですもんね。

ギリギリアパレルですよ、僕のやってることって笑

 

それでね、昨日とうとう行ってきた訳ですよ、苦手なはずの講義に。

 

蓋を開けてみればですよ、なんてことないです。

ちょー面白い『短パン先生のワンマンリサイタルショー』でした。

 

気が付いたらあっという間に2時間半終わっていました。(予定は2時間)

もうその頃には講義ってことは忘れてますよね。

すごいですね、パワーが。熱量が半端じゃない。

僕いつも通り短パンとTシャツで行って会場ちょっと寒かったんですけど、

オクノヤさんはもう終始汗だくだくでしたもん笑

でもジャケットは脱がない笑

ずっと演者(芸能人)だからって言ってましたし笑

IMG_6465<短パンミュージアムの中で一番気になった招待状>
(ズバリ『怖いものなし』もぴったりですね。)

 

IMG_6466

しかし僕は『やなせさんの大根役者』にそっくりだなーってこの写真見て実感。汗

でもこの顔は後悔してないですね、満足げです。

確認しに行ったんですもん、本人に。

その思考とか、思想を聞きにね。

 

ビジネスのセミナーですけど、違いますよね。

本気で周りの人のこと思ってなかったらやれないですよ、普通。

普通じゃない人に会えてよかったです。

僕の話も聞いてもらえて嬉しかったなー!うん。

 

IMG_6479

 

あ、それとヒロナガさんにも会えてよかった。

聞いたら同じ学校の出身でした。狭いですよね。

今度また機会があったらお話ししたいです!

 

昨日はみなさんありがとうございました!

それではまた

 

 

Pちゃん

今日はこのホームページを作ってくれた人を紹介しておきましょう、

完全に丸投げで、僕をイメージして適当に作ってねって言って、こんなに完成度が高いやつ作ってくれちゃったお方は、

ジャジャジャジャーン!

向島のR5に籍を構える<PSKデザインワークス>のフリーランス市川社長です。

IMG_1178

『こんなにすごいの頼んでないじゃーん!ライブドアブログで十分なんだよ、こっちは!』ってほんとに喧嘩になりました。

だってね、

〜『お客さんどちらまで?』って聞かれるじゃない、それでね『今日は渋谷の方まででいいです、あ、渋谷までお願いします』って言うんですよ、『うん、任せとけ』って。でもねP社長はそのまま渋谷には行ってくれないんです。そのままレインボーブリッジとかに連れてかれて、『お客さんつきましたよー』って起きたら何ここーーっ!ってなってPちゃんが言うんです『いやさ、東京の景色っていいからさ、お客さんにどーしても見せたくってね』なんて、こっちが『そんなの頼んでねーよ』とか文句たらたら言ってると、『わかったよ、うるせーなもう!わかんねーやつだなー』って言いながら『しょーがねーから渋谷の方行ってやるよ、いけばいーんだろ、行けば!』〜

ってな下りになるんですよ、僕とはね笑
(あ、タクシードライブに例えるとですよ。しかもこれ完全僕目線。Pちゃんからした『らとりあえず前進んでください』って言ってたじゃねーか!って言われそうだけど汗)

でもすごいよね、丸投げでここまでしてくれるんだからさ。

そんなぶつかり合いが多少あってもしょうがないよ、これが関係性から生まれるクリエイティブってやつですね。オリジナルです。

僕は乗ってる間眠ってただけだけど。テヘヘ。

これはPちゃんの想いが詰まっているホームページなんです。

大事に使わせていただきますよ。当然ね。

さ、褒めるのはこのくらいにしておいて、

ここではこれからPちゃんって呼ばせてもらいましょうね〜勝手に。

あ、もう呼んでるか、

下町の職人さんたちの憩いのラジオ、J-WAVEのグルーヴラインでは『向島のP助』で有名ですからね。

え?知らない?そっかそっか!

彼はグッズデザイナーでもあり、WEBデザイナーでもあり、ECサイト作成からメーカー業までこなしてしまう、向島きってのマルチプレーヤーです。珍しいです、はい。最近ではUVプリンターがなんとかかんとか言ってましたけど、とにかくいろんなことができるので何かあったら一声かけてくださいね。

もうすでに忙しそうにいろいろやってるので、なかなか相手してもらえませんが、

彼が世界に羽ばたいてしまってからではもっと相手にしてもらえませんからね、いまのうちですよ。ご近所の方もそうでない遠方の方も何かと上のような案件でお困りの方は、ぜひご連絡お待ちしています。

あ、僕以外の人はちゃんと行き先通りにまっすぐ連れて行ってくれると思いますので安心してくださいね。

自称『困った時のP助』って言ってましたんで、話は聞いてくれると思います。

たぶん、あしからず。

ではまた