ロングウォレットも使用テスト

このプエブロレザーの赤が写真(ネット)でお伝えするのがおそらく難しい色なんですよね。

このモヤーっとしているのに、奥行きがあって、なーんとも言えないこの絶妙なレザー。

ちょっとでもイメージの補足になってくれればと、

いろんな角度から撮って少しづつアップしていきます。

IMG_4549

創作『若槻商店』の菊寄せ

 

いわゆる革小物屋さんのそれとはまた違った、

独特のやり方ですが、

見えないところでも、菊寄せします。

 

ここでいう目的は、”へり返しで出す思い通りのライン”なので

見た目、菊寄せみたいになっていなくても思った通りキレイにラインが取れればいいのですが、

菊寄せになっていないとキレイなラインのアールが出ない!のです。

目的のためには手段を選ばず、しょうがなく菊寄せします笑

 

これ、要領は餃子の皮を包むのと一緒です。

子供の時、ばーちゃんとよく一緒に餃子の皮包むの手伝っていたんでわかります。

あれも、『技』使っていますよね、
(しかもやり直すと一回でやったようにキレイにならないところまで似ているな)

見た目もキレイに均一に包まれてないと火の通りとかが均一にならずに

美味しいものにはならない。

うん、たぶん一緒です。

 

食べるか、使うかの目的違いは当然ありますけど、

作るアプローチ、プロセスは料理と似ているところがあるなー、、

、と思う日曜日でした。

 

IMG_4532

創作『若槻商店』の菊寄せ

 

バックパックレッド

こんなにも映える深いレッドはなかなかありません、それゆえにデメリットもあります。

プエブロレッドは色落ちなど気になる方は

諦めてもらったほうがいいです。

こればかりはしょうがない、色落ちはある程度します。

 

それでも、全国8%(僕個人データによる)の『赤大好きな人』におすすめしたい素材なのです!

 

 

IMG_4540

写真はバックパックでは販売していない赤。

 

二つ折り(小)四ヶ月の使用テスト

 

使用テスト⇨検証する⇨次回の生産につなげる。

僕たちはこれを怠けずに繰り返すだけです。

地味な作業ですが、アップデートしながら続けていきます。

使用テストを終えたサンプルは

経年変化のサンプルとしてまた別の目的で大活躍します。

IMG_4524 IMG_4520 IMG_4528

二つ折り財布の裏側(4ヶ月)

プエブロレザーの経年変化は面白い。

最初に、ザラザラの起毛感が味わえて、

気が付くとオイルレザーのように変化している。

変化しているのではなく、元々それはもう立派なオイルレザーなのです。

IMG_4517

 

お便り

お客様から嬉しい写真が届きました。

「マルメと凱旋門」

お心遣い感謝です、ありがとうございます!

 

IMG_4501

ショルダーベルトも試す。

 

marumeバックパック。

一番大事なパーツ、ショルダーベルトもこれまで色々作っては試してで、

悩んだ結果、”このラインに革巻き”で決めました。

IMG_2575

安定感があります。

IMG_4425

IMG_2246

この内縫いタイプも背負ってて何も問題はないので、レギュラーではありませんが今後も様子をみたいと思います。

本日【第22回】赤坂蚤の市 in ARK HILLS開催!!

 

IMG_3543

この写真は過去のドアノブさんのブース。

かっこいい、日本じゃないみたい。

 

もちろん場所は赤坂ですよ、

掘り出し物探しに出かけてみてはいかがでしょう!

心配していた雪は降っていないので予定通りに開催です、ホッと一安心。

でも寒いので暖かい格好でね。

僕は都合により不参加ですが、ヒガシザワが立っています。見かけたら素通りしないでね〜

これで使用4ヶ月

 

これはmarume二つ折りウォレット(小)

うちの人気アイテムですが、四ヶ月使うとこんな感じ。

私のパンツの前ポケットにいつも収まっています。

ちなみにパンツってズボンのことですよ。

 

IMG_4394

コレより小さいサイズ作ります。

『大は小を兼ねる』で

いつも作るバッグが大きくなってしまう若槻です笑

 

特に男の人は『大きいバッグ好き』なひと多いと思うんですが、
(僕だけでしょうか、、)

街中での利便性とかも考え、一回り小さいサイズ作ろうと思います。

 

A4サイズのファイル、ノートPC、財布、ケータイ、ポーチ、が綺麗に収まる

バッグパックデイリーユースモデル(仮)

 

IMG_1401 (1)

 

ロボットが嫌がるであろう仕事、、


そんなこと有るのかわかりませんが、

ローテクなロボットだったら嫌がりそうなこの一仕事でラウンドジップウォレットの内装は調和が取れているような気がします。気がするだけです。

IMG_3240

ハイテクなロボットは無表情で2秒で縫うかもしれませんがね、、

シュシュって。

 

 

 

 

 

 

 

僕らの未来、東澤vsロボット?

真鍮のキーホルダー

革を巻く前の状態です。

今週末の赤坂蚤の市で東澤が二つ手縫いの実演するとか、しないとか。。。

IMG_4269 (1)

革が手縫いで巻かれるとグッと印象が変わります。

その一仕事が肝心なのです。

ミシンを極めようと思っていた時は手縫いに全く興味がなくなっていましたが、

最近はまた手縫いの仕事に興味が湧いてきました。

というか、手縫いの仕事って結構需要があるような気がします。

 

最近巷で騒がれている?10年後もロボットには取られていない仕事だと思うんですけどね。

だって、手縫いするロボットとかほんと意味ないっすもん笑

『イトキレマシタ、ハリニイトヲトオシテ』とか言われちゃって、って実際そんなのあったら愛おしいかも。(かなりローテク)

 

誰が、どんな人がやった仕事なのか。

そこ大事にしていきたいですね。

 

1/24日曜日赤坂蚤の市出店します。

東くんが持ってきたL字の釘。
IMG_4212

箱とシールかっこいい。

 

その釘でうちに飾ってあるのは、今から150年前に作られたっていうトンカチ。

昔の道具から伝わること、教わることが沢山あります。

 

そんなお宝が沢山見つかる『赤坂蚤の市』

来週日曜日開催です。

IMG_4218

marumeは若槻所用によりいませんが、東澤がお待ちしています(^O^)/

 

以下、赤坂蚤の市ホームページより

 

 【第22回】赤坂蚤の市 in ARK HILLS開催!!

アンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るクラフトアイテムや作家作品など、
さまざまなジャンルを融合した蚤の市を、毎月第4日曜日に開催していきます!
ぜひ、素敵な品物や個性豊かな出店者さんとの出会いをお楽しみください。

 

【第22回 開催概要】

■日時
1月24日(日) 11:00-16:00(雨天決行・荒天中止)
※最新の開催情報に関しましてはHPまたはFBページをご確認下さい。

■場所

アーク・カラヤン広場

■主催
森ビル株式会社

■プロデュース
ORLANDO 松木 敬司
stock 田井 徹 

e24bccd722171247048abdd31f0d05cc-325x230

iphone6 plus『キャン』

今日ご紹介するのは

私の故郷、福島のジモティからのワンオフものオーダー。
(『なおキャン』のキャンなんですけど、)

iphone6 plus『キャン』モデル

IMG_4258 (1)

IMG_4261 IMG_4264 (1)

ずいぶん悩んだ閉める構造はベロタイプに極小マグネで落ち着きました。

IMG_4265 (1)

革の貼りはプラスチックとの相性があんまり良くないので、

メンテナンスは必要になってくるでしょうねーd( ̄  ̄)

耐久のイメージはマネキュアくらいなイメージでしょうか。

 

雰囲気は良い感じだと思います。

 

神ユーザー御来社

大阪からね、

marumeの真鍮ものをお願いしている福山さんが来てくれたんですが、

バッグから出て来たもの、これ見てください。

 

一応、『どんだけmarume持ってるんですか』と突っ込みます。
IMG_4228

上から財布

チェーン

名刺入れ(これはお相手のリアクションが気になります)

THE CASE

携帯ケース

と5点。

しかも全部赤です。この赤、赤、赤をサラッと使いこなしててくれてます。

遊びで作ってみた、ケータイケースの変化ったらもうこれです。

IMG_4240

(チェーンと携帯ケースは非売品ですけどね)